blabbin' on about my faves
食べたものとスタジオ & プールレッスン@コナミの記録など
<< 身体重い… | main | がちがち >>
県予選の日
blog を更新しているといきなりインターフォン。1am だよ? と思ったら妹だった。仕事の後熊本からバスで来てくれたらしい。一人娘も早いもので 4月から小学校に上がり、夫は公務員で人間的な時間に帰宅できる方だとしても… 仕事を持つ身で忙しいのに。でもできることをしたいと思う気持ちは同じだろう。県予選、体調はよくないけど、とりあえずは行こうと思う。お風呂と洗濯がまだだけど。…起きれなかったら棄権ですっ。←それは避けたいけど。
*********
<朝食:10am>
ネーブル 1/2個、キウィ 1/2個

スズキジャパンカップの県予選当日。ベッドに入れたのは 3am 過ぎ、6am 頃起こされ、二度寝するも熟睡はできぬまま諦めてベッドを出た。連日の睡眠不足で体調は最悪だし練習不足だけど、妹が来てくれたし、とりあえず去年と動く時の感覚がどれくらい変化したかだけでも感じてみたいので、棄権はしないことにした。慣れない髪の毛セット (と言っても、前と横をピンで留めまくるだけ;) に手間取った後、会場の九電記念体育館へ!

アップは足りなかったな〜。身体が重い、沈んでる、上げる感覚をつかみたいと思いながらも時間内に動けず、もういいやという気になってあっという間にサーキットが始まる。結果は実力的にも体調的にも当然ながら予選落ち。まぁそうなるとは思っていたけど、同じスクールの Jさん、あっきぃは残ったので、先生に申し訳ない気がした。いっぱいいっぱいだった去年よりは随分楽だったけど、加減をしているうちに終わってしまったということも言える。昨日動かなかったし、家の鏡の前でアームスやってイメトレで注意点の確認でもしようと思っていたけど急に妹が来てできなかったり、言い訳はいくらでもあるけど、結果は結果。なんとなく、一番の問題は悔しくないことかなぁ…。残念とは思ったけど。思うような結果が出ずに涙を流している人を見て ―自分の実力が出せなかったり、審判が主観的にジャッジする競技ゆえの納得いかない結果だったり、様々だろうけど― 悔しくて涙が出るほど頑張ったというのはすごいと思った。残ったら嬉しいだろうに、とは思うけど、涙が出るほど悔しい気持ちになれない私。…競技には向いてないのかな。昔から競争心というものには欠けていて、何においても負けん気が推進力にはならない。プライドとかは人並みにはあると思うんだけど。自分の限界に挑戦したことがなく、挑戦することができない。寂しいよね。

<大会中の間食>
先生差し入れ アミノ酸系ゼリー、天むす、Yっしー チーズ饅頭、ネーブル & キウィ 1切れずつ、アルフォート大量、黒糖みるく 12枚くらい?、水

<間食その?:7pm>
南瓜スープ 少々、水

妹が来てくれたので大会はラストまでいることができた。終了後、10分以内に帰宅。シャワーを浴びてからすぐに病院に向かう。入院前夜まで、母はなんとか自分でトイレまで行く力はあったので、夜中に自分でトイレに行こうとしてベッドから降りようとしたらしく、そのせいで薬の量が増えたのか、随分ぼーっとしていた。目は 10歳以上も歳を取ったかのように白濁している。それでも介護士さんと一緒におむつや寝間着を替えたり、ずり落ちる身体をベッドの上の方に上げたりしながら数時間一緒に過ごせた。最後に帰ろうとすると、どうしてもトイレに行きたいという。おむつしてるよと言ってもきかないので、また介護士さんを呼んで立ち上がらせ、トイレに座らせた。僅か数歩 (私なら 1歩か 2歩) 分の距離しかないトイレに行くことが大仕事。そして行った割には殆ど出てないし途中から眠りこけてるのだけど。その後さらにまた薬を与えられて、夜だけでなく明日の昼間もきっとほとんど眠っている状態だろう。きちんと話せないのは寂しいけど、痛みを感じないのなら母のためにはそれがいいのだろう。

<夕食:10pm> @Cantina Gashiyo
ハムとサラミの盛り合わせ、白ワイン グラス 1杯、鶏とイベリコ豚のテリーヌ、そら豆とチーズのタルト、赤ワイン

先に到着してひとり前菜をいただく。グリッシーニじゃなくて、チーズの風味豊かなパリパリのが出てきて、これが good! まず 1杯目は、みんなは多分赤を飲むからグラスで白。んめー!!!
鶏とイベリコ豚のテリーヌを頼んだら赤が飲みたくなり 1本。Leopoldo I Di Toscana D'echo 2007。最初にオレンジの香りを感じて… なかなかに特徴のある味だったし、私は好きだった♪


バーニャカウダ、しらこのパセリソース、子羊のロースト、ペンネ・ゴルゴンゾーラ

ここのバーニャカウダはほんとに美味しい♪ 先生のお誕生日ということで、バーニャカウダ登場時に花火キャンドル? と音楽。因みにケーキは 1次会で食べたらしいけど、あっきぃが少し持って来てくれてたのでそれもいただきました♪

父も今日が誕生日。お祝いどころじゃなくて可哀相。母に、「パパが来たら誕生日おめでとうって言ってあげたら喜ぶと思うよ。」 と言っていたら、ちゃんと覚えていて、仕事帰りの父が来るとすぐに happy birthday と言ってた。



ズコット、パンナコッタ (ブルーベリーソース)、ラズベリーのシャーベット、グラニタ、エスプレッソ


Cantina Gashiyo (カンティーナ・ガシーヨ)
福岡市中央区渡辺通2-2-1
西村ビル 2F
Tel: 092-752-1222

<レッスン>
なし

Posted by : tocotkk | 外食・イタリアン | 01:08 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 01:08 | - | -
コメント









TOP